FC2ブログ

記事一覧

第九回 講義  岩崎弥太郎

講義のあった7月8日は梅雨の晴れ間きれいな青空が広がっていました。今日のテ-マは岩崎弥太郎、三菱の創業者です。三井、住友が江戸時代から300年以上の歴史があるのに明治初期に創業した三菱が急成長を遂げ三井、住友を凌駕するまでになったのか・・・木村幸比古先生から岩崎弥太郎の商いのコツを教えていただきました。①難しく考えない。②直感的に理解し工夫を③理屈にかかわらない。④先人に学ぶ。⑤応用のきくもの今からでは遅い...

続きを読む

社会参加活動1回目

クラスでもいろいろなボランティア活動をされている方がいらっしゃいますがその中で目のご不自由な方のために音訳ボランティアをされている方もおられました。そこで第一回目の社会参加活動として目のご不自由な方がいろいろな訓練をされている社会福祉法人日本ライトハウス視覚障害リハビリテーションセンターの見学を行いました。日本ライトハウスの創立者、岩橋武夫とヘレンケラー女史の胸像が迎えてくれました。ヘレンケラー女...

続きを読む

第八回 講義「島津斉彬」

一大イベントの大阪サミットも終わって7月初日はいつもの風景に今日の講義は薩摩の名君「島津斉彬」お由羅騒動などを経て嫡男でありながら43歳で藩主に50歳でなくなる7年の間にさまざまな施策を推進、中でも「集成館事業」は一大名の範ちゅうを超えるもので集成館は当時、東洋一の工場群であった「集成館事業」は軍事関連だけではなく薩摩切子などのガラス工芸や磁器陶器。工具や農具も製造していた。また食品加工の研究も行いパン...

続きを読む

第六回 講座 コ-ダイカフェ

講義のある6月17日の朝、いつもの道を歩いていたらこんな幟が・・・森ノ宮神社の御祭禮のようです。ちょっと調べてみると正式な名称は鵲森宮(かささぎもりのみや)聖徳太子が589年に創建、元四天王寺ともいわれ現在の四天王寺の前身とか由緒のある神社でした。今日のコ-ダイカフェ、昨年までは白熱教室、なんでもカタカナがお好きです(笑)テ-マは「西郷と大久保、日本に大きな影響を与えたのはどちら?」まず講師の木村武仁先生...

続きを読む

第五回 講義「久坂 玄瑞」

紫陽花も鮮やかになってきました。高大への道も梅雨模様今日の講義は「久坂玄瑞」高杉晋作と並ぶ松下村塾の英才と呼ばれた人物です。25歳で禁門の変で亡くなるのですが、その短い人生で成し遂げたことは・・両親の愛情をたっぷり受け幼少から学問に励み、藩の西洋医学校である好生館にも入学し家業である医学の勉強もした。しかし14歳で母を15歳で父と兄をなくし天涯孤独となってしまいます。そんな中で吉田松陰との出会いが運命を...

続きを読む

プロフィール

2019koudai16

Author:2019koudai16
大阪府高齢者大学校 歴史に輝く先人たちの生き方に学ぶ科での活動の記録です、

最新コメント

カテゴリ